肌再生治療

自身の肌を体外で培養します

肌再生イメージ

当院は、肌再生自家培養真皮線維芽細胞移植術による肌再生治療を行っております。ヒアルロン酸やコラーゲン注入などの治療は数か月で効果が軽減してきますが、この肌再生は、自身の肌から取り出した細胞(真皮線維芽細胞)を体外で培養することで、肌に必要な張りを保つコラーゲン、潤いを与えるヒアルロン酸、弾力性を維持するエラスチンを長い間肌細胞が作り出します。そして、その肌細胞を衰えの気になる部位に移植して、しわやたるみ、くまなどを目立たなくし、さらにそれらの症状の進行を防止することができる再生医療です。

安全性と長い効果が得られます

真皮線維芽細胞移植術は、ステロイドの長期連用、アトピー性皮膚炎、紫外線などの過度な暴露、加齢などによる真皮の萎縮性変化を対象とします。数ある肌の治療の中でも肌の機能を唯一回復できる治療であり、ヒアルロン酸やコラーゲン注入などでは得られない自然な効果、安全性とより長い持続効果が得られます。

治療の流れ

  • 問診
  • 血液検査
  • 皮膚採取~培養 

細胞を培養するための皮膚を耳の裏から採取します。麻酔をしますので、ほとんど痛みはありません。また、細胞培養に使用する血液を採取します。培養したあなたの細胞は、未来のために保管しておくことができます。

  • 肌細胞移植

皮膚採取から約5週間後に、増殖・培養した肌細胞を移植します。