03-3449-9029

【ご予約はこちらから】平日:9:00~17:30

港区西麻布で、再生・細胞医療を基盤とした治療を提供。消化器疾患、ひざ関節の痛み、外見の悩み・アンチエイジングなどに対応

ひざ関節、筋、腱の痛み
整形外科

HOME»  診療案内»  整形外科

ご自身の血小板を用いて組織の修復を促し、
変形性膝関節症や筋・靭帯の痛みの軽減をめざす
再生・細胞医療「多血小板血漿(PRP)」治療のほか、
脂肪由来幹細胞治療も提供します。
ひざ関節や筋、腱などに痛みで日常生活やスポーツ活動に支障がある方は
お気軽にご相談ください。

ひざ関節・筋・腱の痛みにお悩みの方へ

ひざの“変形”による痛みで悩んでいる方に対し、再生医療であるPRP療法を提供します。変形性関節症は、変形が進むに伴い、軟骨がすり減ったり、半月板に傷や炎症を起こし痛みを生じます。
これまでは、痛み止めの内服やヒアルロン酸の注射などの治療が行われてきましたが、そのような治療の効果が無かった方で、PRPを関節に注射することにより痛みが取れる方がいることが報告されています。ひざの他にも筋、腱へのPRP療法にも対応します。ハイドロリリースについてもご相談下さい。

PRP療法とは

皮膚に傷ができたとき、すぐにかさぶたができて元通りに治った、という経験がおありだと思います。よく知られている通り、この一連の過程には、血液に含まれる「血小板」という成分が重要な役割を果たしています。血小板からは傷の修復を促進する物質(成長因子)が供給されており、傷んだ箇所を元通りに直そうとする“自己治癒”のシステムが働いています。

PRP療法は、この"自己治癒"のシステムをサポートする治療法として、欧米ではスポーツ選手などに行われている一般的な治療法です。自分の血液から特殊な技術を用いて血液中の血小板が多く含まれる部分(PRP=多血小板血漿)のみを抽出し、自己PRPを作成します。成長因子が豊富に含まれるこのPRPを身体の傷んだ部分に注射すると、その部分の組織の修復が促進され、"早期治癒"や"疼痛の軽減"効果をもたらすというものです。

PRP療法の利点

  1. 1回の採血で治療できるため、身体への負担は最小限で、低侵襲である。
  2. 患部に注射するPRPは、患者の自己血液から作製するため、肝炎などのウイルス感染の危険性、アレルギー反応などの副作用の危険性が少ない。
  3. PRP内の血小板から産生されるさまざまな成長因子が機能を発揮することで、組織の再生、疼痛改善が期待され、更に長期的に継続することにより、疼痛の緩和が期待できる。

PRP療法の流れ

※PRP療法の安全性について

自己PRPによる治療は国内外を含め、皮膚科、形成外科、整形外科領域において、既にヒトでの利用実績が豊富であり、安全性が確認されています。

  1. 聖マリアンナ医科大学など5施設において、本再生医療等製品と同様の製造方法で製造された自己PRPを用いた「多血小板血漿を用いた難治性皮膚潰瘍治療」が先進医療として臨床応用されている。
  2. ヒトへの使用経験、臨床試験成績に関する報告
【肩関節】 国外

試験名:Comparative Efficacy of Platelet Rich Plasma Injection, Corticosteroid Injection and Ultrasonic Therapy in the Treatment of Periarthritis Shoulder 単群/被験者数 195例

【股関節】 国外

試験名:Ultrasound-Guided injection of `Platelet-rich Plasma and hyaluronic acid, separately and in combination, for hip osteoarthritis. 単群/被験者数 111例

【足関節】 国外

試験名:Platelet-rich plasma or hyaluronate in the management of osteoarthritis lesion of the talus. 単群/被験者数 32例

●PRP療法の費用について(税別)

PRP変形性膝関節症治療 45万円~
※1回投与15万円×3回投与が標準的な治療回数です。治療間隔については症状を見ながら決めていきます
※自院調整の場合 15万円~

●治療のリスク・副作用について

PRP注射後は、注入部位が赤くなったり、腫れたり、痒くなったりと一時的な症状がでることがあります。また、ごくまれに、注射針の穿刺部位に対し、変色、着色等が起きることがあります。採血後または治療後にいつもと違う症状が現れたら当院までご連絡ください。副作用を軽減できるよう最善の処置を行います。

変形性関節症に対する脂肪由来幹細胞治療について

本治療は、脂肪由来幹細胞を関節腔に注⼊することによって、軟骨の再⽣が⾏われ、変形性関節症の症状を改善する治療法です。脂肪由来幹細胞は、軟骨を含む多様な細胞に分化できる能⼒を持つことから、変形性関節症により傷ついた軟骨の再⽣に働きます。また、脂肪由来幹細胞には炎症を抑える効果のある物質を分泌する性質があり、炎症を抑えることにより症状の悪化を防ぐ効果が期待できます。本治療では、変形性関節症の患者さんを対象に、患者さん本人の脂肪から幹細胞を分離して培養することにより必要な細胞数になるまで増やし、症状が現れた関節腔に注射を⾏います。

治療は、まず、患者さんの腹部または太ももの裏側を切開し、脂肪を採取します。採取した脂肪を許可を取得した培養加⼯施設に移送し、幹細胞を取り出して培養し、必要な細胞数になるまで増やしたのち、症状が⾒られる関節腔に注射で投与します。

●脂肪由来幹細胞治療の費用について(税別)
1回治療 150万円~

●治療のリスク・副作用について
脂肪の採取や細胞の投与に伴い、合併症や副作用が発⽣する場合があります。万が一発生した場合には、緊急に対処いたします。また、感染、注射部位の痛みなどの軽微な副作用等が報告されていますが、いずれも後遺症が残る重大な副作用、健康被害は報告されていません。

  • お問い合わせ