クリニック紹介

外観・クリニック内のご紹介

設備のご紹介

 

コラーゲンマシン

コラーゲンマシンの仕組みと効果
コラーゲンマシン

コラーゲンランプから特殊な633nmのピンクの可視光線が真皮層の繊維芽細胞に働きかけ、寝ているだけでコラーゲンの生成を促すお手軽エステです。本来持っているハリやツヤをよみがえらせる究極の美肌マシンです。

※可視光線:目に見える光の事をいいます。可視光線はとても安全で、美容機器や医療機器にも応用されています。

コラーゲンとは

コラーゲンは皮膚、血管、腱、歯など殆どの組織に存在する繊維状のタンパク質のことで、体を構成するタンパク質の約30%を占めています。肌の水分保持や弾力を保つ働きがあり、直接肌に可視光線を照射することで細胞を活性化させ、生成を促すことができます。

セロトニンの分泌促進

目から入った可視光線は、脳の中心の視床下部に届き、自律神経に直接働きかけ、自律神経を安定させます。光によって生成抑制される、脳内ホルモン「セロトニン」の分泌を促す調査結果も出ています。海外では、鬱などの精神疾患の治療にも活用されており、癒し効果やリラックス効果が期待できます。

  • 光の温浴で全身をあたためます。
  • ポカポカ感がお肌だけでなく心も元気に。
  • 心身共に疲れている方にもおススメです。

酸素カプセル

 
酸素カプセルの原理
酸素カプセル

通常、酸素は血液中の赤血球と結びついて体内の細胞組織に送り込まれますが、酸素カプセルは、カプセル内を高気圧にすることにより、酸素が分子のまま直接リンパ液・骨髄髄液・体液などに溶け込み、呼吸からだけでなく全身の細胞に効果的に酸素を補給することができます。

酸素カプセルの効果
ダイエット・美容

体の隅々まで酸素を行き渡らせ、細胞の新陳代謝を良くすることで脂肪燃焼が促進されます。また、お肌のハリを保つコラーゲンの成分にも充分な酸素を補給することができ、アンチエイジングの効果も期待できます。 

                                                      
一酸化炭素の排出

喫煙者は慢性的な酸素不足にあると言えます。禁煙が無理な方は、酸素を充分に取り入れることにより、細胞の代謝機能が高まり一酸化炭素の排出を促します。

ケガの回復を早める

高気圧環境による酸素補給により、血液・体液に直接酸素を溶け込ませるため、患部の細胞にまで充分な酸素を供給することができます。

コンディショニング

細胞が活性化されることで、頭がスッキリし、集中力アップ。だるさの解消、コリや張りの解消、ストレス解消、二日酔いの予防・解消、目の疲れの解消、心身のリフレッシュなど、様々な面でコンディションが整えられます。

疲労回復

筋肉疲労や筋肉痛の原因と言われる乳酸。酸素は乳酸などの疲労物質を分解し、除去する働きを持っています。筋肉細胞が活性化され、疲労が改善されます。

溶岩浴

 
溶岩浴とは

「お湯を使わない温泉」と言われるほど温浴効果が高く、浴室内で天然の溶岩の上にタオルを敷き、横になる温浴方法です。天然の鉱石から放出される遠赤外線やマイナスイオンで体を心から温め、大量の汗をかくことで細胞を活性化させ、自然治癒力を高める健康法と言えます。

溶岩浴と岩盤浴の違い
形成過程と成分

岩盤とは、おもに砂・プランクトン・生物の死骸・火山灰などが長い年月をかけ圧縮され、板状になった天然鉱石のことをいいます。一方で溶岩とは、火山活動でマグマが地上に噴出したものが冷え固まってできたものを言います。地中から出てきた溶岩には天然の鉱物が豊富に含まれており、火山でしかとれない特別な石です。

ミネラル成分について

岩盤に比べると、溶岩にはミネラル成分が倍以上含まれており、マイナスイオンを発生しやすい利点があります。現代人に不足しがちなミネラルを溶岩浴で摂取することも可能です。なかでも「バナジウム」という天然ミネラル鉱物が岩盤浴を越える効果を出すと言われています。

バナジウム効果について

バナジウムの代表的な効果には、血糖値や尿酸値の降下作用があります。これにより、成人病予防および治療、コレステロール値・血圧・尿酸値・中性脂肪を低下させ、高血圧・便秘・痛風等への効果も期待されています。脂肪の増加を防ぐことにより、メタボリックシンドロームなどにも有効であると考えられています。

温度の違い

溶岩浴は岩盤浴よりも温度が高いのが特徴です。その為、身体の芯まで温まり、大量の汗をかくことができ、遠赤外線の放射率も高いとされています。